Dioscorea elephantipes



Dioscorea elephantipes 名前 亀甲竜
原産地 南アフリカ
大きさ 30cm(H)


茶色のいびつな芋から、ひょろひょろ伸びた渋い緑色の蔦が特徴。葉はハート型のようになっている。
茎/根 ちょっとかさついた木の皮のような感じの茶色の芋からまるで触角のように出ている葉がおもしろい。まだ大きさが足りないので名前通りの亀の甲羅模様にはなっていない。何年かすればなるに違いない!
その他 成長は著しい。どんどんと葉が出てきて葉の大きさも日増しに大きくなる。芋を土に埋めたほうが芋が大きくなるが今の形も捨てがたく春までこのままでいこう、と思っています。この子はアフリカ産なので冬型ですがメキシコ産の夏型の子もいます。冬は暖かくして眠っています。
コメント
大きくなったディオスコレアの芋の死骸(?すでに死んでいるもの)を金子さんからいただいたので加工してオブジェにしようと思っている。かなりの大きさに『うちの子もこうなるのかな?』と期待と不安が入り混じる。芋が隠れていたら普通の観葉植物と間違えてしまいそう。