末広かり

主人が太郎冠者に都へ「末広」を買いに行かせますが、太郎冠者は末広が何であるか わかりません。 そこへ、田舎者である太郎冠者を騙してやろうと都の者が、末広とは傘のことであると 言い、太郎冠者に売りつけます。 太郎冠者は一度は傘など要らないと言いますが、主人から言われた条件を満たしていることを知り 信用してしまい、ついでに「傘をさすなる春日山…」という謡いを教えてもらい、得意になって 帰ります。

しかし、主人は扇のことを末広というのだ、傘ではないと太郎冠者を叱りつけますが、 太郎冠者は教えてもらった謡いをしているうちに主人も一緒になって謡いはじめるという狂言です。


太郎冠者が戻ってきて、大喜びの主人の様子と、傘を買ってきたことを知ってがっかりする表情の変わり様が面白いと思いました。

最後がほのぼのと終わる狂言です。

違う物が主人の言った条件にことごとくマッチして太郎冠者が 騙されてしまうところは、蝸牛と筋が似ていますね。



TO MY HOME PAGE