落葉

都を訪れた僧(ワキ)が小野の山路に到着し、その地にゆかりのある手習の君を回向していると、 女(前シテ)が現れ、落葉の宮も回向してはどうですかと言い、僧を落葉の宮の住んでいた場所へ案内し、 そのあたりの名所などを説明して消えてしまいます。

夜になり、僧が弔っていると、落葉の宮の亡霊(後シテ)が現れ、自分の身の上を語り、 舞を舞って消えて行きます。


能の話の筋としては単純なのですが、落葉の宮というのは、最初の結婚で夫になった人から「落ち葉を拾ったようなものだ」と言われ、 夫の死後、夕霧の大将から強引に求愛され、かわいそうな身の上で、その嘆きが舞いに現れていたように思います。 能の舞いというのは退屈に感じることが未だに多いのですが、今回の舞いはそうでもありませんでした。 この話は、舞いなくしては成立しないのではないかと思いました。

TO MY HOME PAGE