杜若

東国へ行く途中の僧(ワキ)が三河の国、八橋に来たところ、 杜若が見事に咲いていました。 杜若に見とれていると、女(シテ)が現われ、八橋の杜若にまつわる昔話を始め、 在原業平がここにやってきたことなどを語ります。 やがて女は僧を自分の家に来るよう言います。

僧が女の家にいると、女が初冠に唐衣を来て現われ、 自分は杜若の精だと告げます。 そして、在原業平は菩薩の化身であり、心のない草や木も成仏できるのだと言い、 伊勢物語について語り、舞いを舞います。


あらすじがうまく書けませんでしたが、 謡曲集で詞章を見たところ、杜若の話、在原業平の話、 伊勢物語の話が重なりあっていて、 独特の美しさを醸し出しているように思いました。

ちょっと難しかったのですが、太鼓があり、 そんなに退屈はしないと思います。


TO MY HOME PAGE