山本貴嗣

 おすすめ漫画家です。
エルフ17
シンバッド
剣の国のアーニス
セイバーキャッツ
猟姫ナジャ
西遊少女隊(完全版)

おすすめ文

「何故、この漫画家がマイナーなんだ!?」と叫びたくなる漫画家がいる。
 山本貴嗣もその一人。
 画は上手い、話は面白い、各作品の世界観はきっちりしている、考証も細か
い、青年コミックス系のエッチ度もなかなか。
 特に、「闘う女」(少女ではない)を描かせたら、この人の右に出る人はいな
いんじゃないかと私は思っている。(「闘う少女」を描かせたら、和田慎二の右
に出る人はいないと思っているが、これは余談)

 好き嫌いの分かれそうなタイプですが、一読の価値はあると思います。

 最初に読むなら、『エルフ17』がおすすめ。
 エッチ度高めがお好みなら、『猟姫ナジャ』あたりはいかが?

 この作者の作品に関しては、「ネタばれ注意」はつけません。(敗北宣言)


山本貴嗣のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

エルフ17

 場所は、銀河帝国。
 地上最強の戦闘生物・光翅族(エルフ)のルウは、悪夢のワンマンアーミー・
強化服に身を包んだKKと一緒に、御祭りプリンス・銀河帝国第108皇子のマ
スカット・タイラー殿下のお供で、諸国行脚のお忍び旅行。
 3人の行く先にたまたまトラブルがあるのか、それとも当人達が巻き起こして
いるのか。

 掲載誌の休刊で、未完のまま終わってしまっている作品。それでも面白いんだ
から凄いよね。
 どこかで続きを描いてくれないかしら?

 エルフ17 全8巻
  白泉社 ジェッツコミックス


山本貴嗣のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

シンバッド

「美しい巻毛、二重まぶたの大きな眼、すらりとのびた高い鼻、バラ色の小さな
口元」というアラビア人達の中で、一人「ゴワゴワの直毛、一重まぶたの三白
眼、低い鼻、への字に曲がったでかい口」を持つシンバッド。
 自らの出生の秘密を求めて、波乱万丈の航海に出る......

 アラビアンナイトをモチーフに、剣と魔法の大活劇。
 脇を固める美女、ジャリスとルールーのナイスバディがいいです。(いやあ、ア
ラビア風ヘソ出しコスチュームはなかなか)

 続編、描いてくれないかしら?

 シンバッド 全4巻
  学習研究社 ノーラコミックス


山本貴嗣のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

剣の国のアーニス

 猫のような縦に細くなる虹彩を持つ、月の目と呼ばれる種族。その一人、アー
ニスは、思念によって遠隔操作の出来る「念剣」・ダールを片手に、美しい肢体
を闘いに投じる。

 どこで連載していたのか、横組みの作品です。
 ちっとスプラッタ入ってますので、そちらが苦手な方にはおすすめしません。
(いや、面白いんだよ、本当に)

 最後には、「未完」と記されている。
 いつか続きを描いて欲しい。(この作者の作品紹介って、こればっかり)

 剣の国のアーニス 全1巻
  大日本絵画 MGコミック


山本貴嗣のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

セイバーキャッツ

 未来を舞台にした武術もの。
 賞金稼ぎのチカの前にあらわれたのは、銃も使わずに凶悪犯を倒してしまう
男・光。
 彼はチカに、本人も知らないチカの父親のために、チカが狙われていると告げ
る。

 人々の生活様式の変化とともに消えて行こうとする武術を、守ろうとする男達
の対立の物語。
 内容的にはすごく「濃い」です。
 大人のためのまんがですな。

 キッチリ完結している数少ない作品。

 セイバーキャッツ 全5巻
  角川書店 ニュータイプ100%コミックス


山本貴嗣のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

猟姫ナジャ

 左胸に刃の傷跡を持つ女・ナジャは猟姫。
 人を生け捕りにするのをなりわいとする、女賞金稼ぎ。

 アラビア風の架空の世界を舞台に闘う大人の女を描いています。『剣の国の
アーニス
』と同じ匂いがする作品。
 ちょっとエッチでちょっとグロ。
 いや、私は好きなんですけどね。

 猟姫ナジャ 全1巻
  秋田書店 グランドチャンピオンコミックス


山本貴嗣のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

西遊少女隊

 西遊記が元ネタ。
 天竺取経の旅に出る三蔵法師と三人の従者。
 しかし、孫悟空と沙悟浄と猪八戒は、それぞれ女子中学生と女子高校生と女子
短大生。
 三蔵法師に至っては、ただのマニアックなアルピニスト。
「あの山は絶対おもしろい!」の三蔵法師の一言で、今日も三人は振り回され
る。

 角川書店コンプコミックスで第5話までを1巻として収録していたが、こちら
は続刊されず、宙に浮いていた第6話〜最終話までと合わせて、アスキーが完
全版を出版した。角川版の合間に書かれていた裏話もきちんと収録されているの
で、買うならアスキー版でしょう。

 最後に「再見」となっているのは、やはり作者の「描き足りないぞ」というア
ピールだろうか?

 西遊少女隊(完全版) 全1巻
  アスキー アスキーコミックス


山本貴嗣のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る