清水玲子

 おすすめ漫画家です。
ノアの宇宙船
もうひとつの神話
天女来襲
ミルキーウェイ
竜の眠る星
天使たちの進化論
22XX
月の子

おすすめ文

 まず、清水玲子を読む前に注意が一つ。
 清水玲子の漫画には、細かいところの整合性がありません。
「科学考証」という言葉もありません。「どこをどうやれば、こんなことができ
るんだ〜〜〜!」と、冷静に考えたら喚きたくなるようなこともあります。
 でも、そういう部分を踏まえてなお、魅力的なのが清水玲子の漫画です。
 作品を読む際は、変な疑問を抱かず、作品世界を肯定した上で、どっぷり浸
かって楽しみましょう。

 それが、清水玲子を読むときのコツですよ。

ノアの宇宙船」に収録された「メタルと花嫁」と、「ミルキーウェイ」「竜の
眠る星
」「天使たちの進化論」は一応一続きの作品なので、順番に読んだほうが
よいでしょう。
(「22XX」も同じキャラクターが出ているけれど、これは作品として自立で
きているので、除外)


清水玲子のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

ノアの宇宙船

 清水玲子の初コミックス。
「ノアの宇宙船」「メタルと花嫁」「ヒューネラル・マーチ」の3作を収録。
「メタルと花嫁」は、後の多くの作品のベースになっているので、清水玲子を読
むなら、このコミックスから読むほうが良いでしょう。

 いや、それを抜きにしても、「メタルと花嫁」は名作です。
 だから、ネタばれ注意も表題作ではなく、「メタルと花嫁」で書いちゃいま
す。

  ネタばれ注意

 ノアの宇宙船 全1巻
  白泉社 花とゆめコミックス


清水玲子のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

もうひとつの神話

「もうひとつの神話」「ナポレオン・ソロ」「お伽話のユダ」「100万ポンド
の愛」の4作収録。

 表題作の「もうひとつの神話」がいいです。
 地球が死滅した後、居住可能な星を求めて旅する宇宙船の中には6人の男女。
アダムとイヴは、そのなかで唯一組の夫婦だった。
 ある日、突然にイヴから妊娠の報告をされ、驚くアダム達。驚くのも当然、実
はイヴ以外の全員はロボットだったのだ。
「実は、他の人達は全員、人間ではなかったのです」という古典的SFネタを下
敷きに、読者にそれを明らかにしたところから、ストーリーがはじまるのがすご
い。


 もうひとつの神話 全1巻
  白泉社 花とゆめコミックス


清水玲子のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

天女来襲

「天女来襲」「ネオ・ドーベルマン」「世紀末に愛されて」「清水玲子
の今昔物語」の4作を収録。
 個人的には、「ネオ・ドーベルマン」と「世紀末に愛されて」が好き。

 このあたりから、ふにゃふにゃ柔らかくて少々ごちゃついていた画が、洗練さ
れたシャープなモノに変わってきている。
(気に入った漫画家の絵柄の変化を追うのは楽しい)


 天女来襲 全1巻
  白泉社 花とゆめコミックス


清水玲子のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

ミルキーウェイ

「ミルキーウェイ」「チェンジ」「三叉路物語」収録。
「チェンジ」は、清水玲子の出世作。この作品あたりから、一気にメジャーに
なった。

「ミルキーウェイ」は、「メタルと花嫁」の主人公・ジャックのその後の物語。
 ジャックが出会った、自殺常習ロボット・エレナ。エレナは、かつての主人に
そっくりなジャックにつきまといはじめる。

 人型でありながら、性別のないロボットという設定に「おおっ」と思ってし
まった。


 ミルキーウェイ 全1巻
  白泉社 花とゆめコミックス


清水玲子のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

竜の眠る星

 ジャックとエレナのシリーズ。

 竜星王(セレツネワ)という惑星は、恐竜の濶歩する、太古の地球のような
星。しかし、セレツネワでは地球から移住した人間が、2種族に分かれて戦争を
していた。
 高い報酬につられて、セレツネワの人間からの依頼を受けようとするジャッ
ク。しかしエレナは何故か、乗り気ではない。
 しかたなく一人でセレツネワに向かったジャックは、依頼人とは別の人間から
別の依頼をされてしまう。

 書きながら話を考えたらしくて、細かいところにちょっと整合性の無さを感じ
るけれど、そのマイナスがあってもなお、魅力的な作品。

 泣かせどころを心得てるよなあと、思ってしまった。


 竜の眠る星 全5巻
  白泉社 花とゆめコミックス


清水玲子のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

天使たちの進化論

「天使たちの進化論」「千の夜」「月下美人」、ジャックとエレナのシリーズ3
作収録。
 実質的には、エレナの作品集という感じ。

「天使たちの進化論」は、子孫を残せないことにコンプレックスを持つロボット
が、それを乗り越えアイデンティティを確立する話だけど、考えてみるとその論
法はきわめて多数派的発想だったりする。
 作品としては面白いんだけど、私自身は納得しないな。

 個人的には、多少教訓的過ぎる感じもあるが「月下美人」が好き。


 天使たちの進化論 全1巻
  白泉社 花とゆめコミックス


清水玲子のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

22XX

 誘拐された王女を救出するために、ラ・ロンジュの森に足をふみいれたジャッ
クは食人の習慣を持つフォトゥリス人の少女・ルビィと出会う。

 偏食の気がある人間には、胸を衝かれる話。素直に反省の涙を流しましょう。

 雑誌初出時の作品に加筆したものらしいが、どこを加筆したのかわからないく
らいに、全体の完成度が高い。
 食欲のあるロボットという設定は斬新。

  ネタばれ注意

 22XX 全1巻
  白泉社 花とゆめコミックス


清水玲子のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

月の子

 人魚姫をモチーフにしたファンタジー。

 ロクな役をもらえないダンサー・アートは、ひょんなことから記憶喪失の少年
を拾う。ジミーと名付けられた少年の周囲では、なぜか不可思議なことが次々と
起こる......

 宇宙を回遊して産卵のために地球へ帰ってくる人魚という発想が凄い。
 清水玲子のこういうオリジナリティは、誰にも真似できないよね。

  ネタばれ注意

 月の子 全13巻
  白泉社 花とゆめコミックス


清水玲子のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る