曽田正人


め組の大吾

 幼い頃、火事場から助け出されたことがきっかけで消防士になった朝比奈大
吾。
 やる気満々の大吾が配属されたのは、「めだかヶ浜出張所」、「め」ったに火
事がない、市内一「め」でたいと噂される、通称「『め』組」。
 火事場でバリバリ働くことを期待していた大吾は、決められた仕事をちょちょ
いとやって後は好き勝手をしている他の隊員に囲まれ、一ヵ月もこれといった災
害がない状況に、一人で空回りしていた。
 ついにキレて、所長にくってかかったその時、初めての出場指令が所内に響き
渡る。
 ガス自殺未遂の現場へ向かう消防車の中で、「火が出ていないから楽勝」と大
吾は思うのだが、しかし……

 漫画の描き方を知っている作者が、消防と人命救助(レスキュー)というネタ
を得て、実に良い仕事をしています。
 ここぞというシーンで、きっちり読者の目を惹き付ける絵を描ける画力とセン
スが良いです。

 め組の大吾 既刊10巻
  小学館 少年サンデーコミックス


まんがの城へ戻る
ホームへ戻る