萩尾望都

 おすすめ漫画家です。
ポーの一族
トーマの心臓
スター・レッド
銀の三角
残酷な神が支配する

おすすめ文

 少女漫画の大家。
 この人とタメを張れるのは、竹宮恵子くらいしかいないでしょう。
 時代の流れにも一向に色褪せない70年代の作品も良いし、現在連載中の作品
も良い。バケモノのような漫画家ですね。

 計算されたプロットは、読み直す度に新たな発見を与えてくれる名作を生み出
す。SF作品などは、その構成力ゆえに難解になってしまうという側面も持って
いるが、それさえも楽しみになってしまうほどの魅力もまた持っている。

 初めて読む方は、70年代的少女漫画タッチに抵抗がなければ「ポーの一族
から、「あの頃の絵は苦手」という方は「残酷な神が支配する」から読むのが良
いのではないでしょうか。


萩尾望都のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

ポーの一族

 様々な場所と時代で人々の前に表われる、青い目の少年・エドガーと彼の妹・
メリーベル。
 彼等は人の血(エネジィ)を糧として生きる、バンパネラ(吸血鬼)なのだ。

 1972年から1976年にかけて発表されたシリーズ作品。
 川原泉も「笑う大天使」の中でパロるほどの定番の名作。

 200年以上に渡るエドガーの足跡を、少しずつ切り取りオムニバス形式の物
語に仕立て、時代を前後させながら読者に提示して行く、その提示の仕方が実に
巧み。
 このあたりに関しては、小学館叢書版の解説で氷室冴子が書いているので、機
会がありましたら是非御一読を。

 ポーの一族 全3巻
  小学館 愛蔵版コミックス小学館叢書


萩尾望都のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

トーマの心臓

「これがぼくの愛
 これがぼくの心臓の音
 きみにはわかっているはず」
 冬の終わりの朝、ユーリにこれだけの言葉を残し、トーマスは陸橋の上から身
を投げた。
 そして、ユーリの前に表われるトーマそっくりな少年・エーリク。
 ドイツのギムナジウムを舞台に描かれる、少年達の物語。

 一般的には「少年達の愛を描いた」と紹介される事の多い作品ですが、今日の
JUNEモノとは明らかに一線を画しています。

  ネタばれ注意

 トーマの心臓 全1巻
  小学館 小学館文庫


萩尾望都のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

スター・レッド

 ワープ航法が開発され、他星への移住も可能になった未来。
 白い髪と赤い瞳と超能力を持つ少女・星(セイ)は、髪を染めカラーコンタク
トを入れ、超能力を隠して地球で暮らしている。
 実は彼女は、見捨てられた流刑星・火星で、過酷な環境に適応するために突然
変異した火星人の5代目なのである。
 夜空に輝く赤い惑星を望郷の念を胸に見つめるセイの前に、ある日、奇妙な能
力を持つ男・エルクが表われ「火星に連れて行ってあげる」と申し出る。
 彼女は何故、自分が火星人であることを隠さなければならないのか? セイに
近づいたエルクは何者なのか? 彼の目的は?

 こういう硬派なSF作品が、少女誌(週刊少女コミック)で連載できた時代が
あったんです。
 流行りすたりは世の常とはいえ、現在にももう少しこの手の作品の受け皿が
あっても良いのではないかと思うのですけどね。

 スター・レッド 全1巻
  小学館 小学館文庫


萩尾望都のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

銀の三角

 かつて、光を受けると縦長に細まる虹彩と、金の瞳と、歌と、予知能力を持つ
種族がいた。彼等は6年に一度、歌によって厚い雲を割り光を呼び子を成してい
たが、その予知能力ゆえに狩られ、その生殖システムの複雑さにより滅んだ。
 そして3万年後。
 中央都市系に属さない星系にやってきたマーリーは、そこでコンサートをひら
いていた歌手・エロキュスを革命の暴動から救い出した。
 エロキュスは中央でその才能を認められた、オペラの女王だったのだが、現在
の彼女の歌には、その頃の面影はなかった。
 彼女の歌を変えたのは何だったのか?
 マーリーは彼女を変えるきっかけとなった吟遊詩人・ラグトーリンを探す旅に
出る。

 何よりも驚くべきことは、この作品が「SFマガジン」で連載されていた事実
である。(しかも、原作つきじゃないんだよ)
 その構成力ゆえに難解であるとも言えますが、それを差し引いても素晴しい作
品です。

 銀の三角 全1巻
  白泉社 白泉社文庫


萩尾望都のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る

残酷な神が支配する

 ボストンで母親のサンドラと二人暮しをする少年・ジェルミはボランティア活
動をしたり、GFとの旅行の計画を立てたり、16才らしいごく普通の生活をし
ていた。
 そんなある日、イギリスから来た紳士・グレッグが二人の前にあらわれる。
 グレッグはサンドラと婚約したにもかかわらず、ジェルミに性的関係を強要す
る。
 グレッグを愛しているサンドラのため、一度だけというグレッグの言葉を信
じ、彼に体をまかせるジェルミ。
 しかし、それは始まりにしかすぎなかった。

 愛する者を守るために自らを犠牲にしながら、それでも耐えられないと引き裂
かれてゆくジェルミの心の描写は、ゾッとするほどの迫力を持っている。
 文句無しに面白いです。

 残酷な神が支配する 既刊9巻
  小学館 PFコミックス


萩尾望都のページに戻る
まんがの城へ戻る
ホームへ戻る